逗子に住む一番のデメリットは土砂崩れ

逗子に住む一番のデメリットは土砂崩れ

 これまで逗子の良いところや移住のメリットを紹介してきましたが、本当に移住を考えている人へデメリットもお伝えしておきたいと思います。逗子の土砂崩れ問題について。

逗子最大の問題は土砂崩れ

逗子市池子での土砂崩れ

 ここ最近、逗子では土砂崩れが頻発しておりニュースでも報道されています。しかし土砂崩れと言っても地震や豪雨が原因で山間部が崩れたのではなく、住宅街の中で普通の日に突然起こっているということが最大の問題であり恐怖でしょう。 

 2020年2月には池子という地域の住宅街の斜面が突然崩れ、通学途中だった高校生が巻き込まれ亡くなってしまうという悲惨な事故が起きました。事故が起きたのはこのような普通の道路沿いです。

 引用元:逗子市

https://www.city.zushi.kanagawa.jp/syokan/seibi/p08324-copy-copy-copy.html

 そしてここは危険な崖地から指定される「土砂災害警戒区域」に含まれていましたが、県が対策工事を行う「急傾斜地崩壊危険区域」ではなかったそうです。専門家は「逗子には同じような斜面は各地にあり、崩落が起きることも珍しくないのが現状」と警鐘を鳴らしているという現状です。 

 逗子市小坪での土砂崩れ

 2020年4月には逗子マリーナのある小坪という地域でも土砂崩れが起き、犬の散歩をしていた男性が巻き込まれて亡くなる事故が起こりました。事故があった崖を背にした岩場で、潮が引いたときは人が通れたらしくよく散歩をしている人がいたそうです。天然の浜だったことから市が日常的な点検や、立ち入りを禁止にするなどの措置をしていませんでした。

 逗子市新宿での土砂崩れ

そして2020年6月26日には逗子の海に近い一等地新宿で高さ15メートルの斜面が崩壊するという事故もありました。幸い怪我人はいませんでしたがとてつもない惨事です。

https://news.yahoo.co.jp/articles/0f2bb0e30a4db9eab754b07939b400ad4e714026

 豪雨時の土砂崩れ

  引用元:タウンニュース

https://www.townnews.co.jp/0602/2016/09/30/351027.html

 2016年にも豪雨の際に大規模な土砂崩れが起こりました。大型の台風が来るときにも土砂崩れが頻繁に起こります。鎌倉へのトンネルが通行不可になってしまうこともあります。

逗子での土地選びは慎重に

 逗子は山を切り崩して作られた住宅地が多く、斜面の工事が不十分だったり風化が進んでいるところもあるので土地選びには注意が必要です。逗子というと塩害や津波のことにばかり目が行ってしまいますが、土砂崩れの危険性や地盤についても充分に注意してください。

Follow me!

逗子地域情報カテゴリの最新記事